HOME >  白髪染め製品を徹底比較 >  泡の白髪染め

泡の白髪染め

このページでは、今、人気の泡タイプの白髪染めの特長やメリット・デメリットなどを紹介します。大ヒット商品ですから、使ってみた方も多いかもしれませんね。

初心者に簡単なフォームタイプ

泡の白髪染めのメリットは、手軽でありながらしっかりと染め上がり、色が長持ちすることでしょう。デメリットは髪や頭皮が痛むということです。

泡=フォームタイプの白髪染めは、通常のヘアカラーの1液と2液が既に混ざった状態になってボトルに入っています。ボトルを押すと、きめの細かいムース状の泡が出てくるので、ゴム手袋をした手で髪をかきあげるようにして泡を髪に馴染ませます。液状や練り状のチューブタイプと違って、フォームタイプなのでスタイリング剤の感覚で染めることができます。

使い切りタイプのモノもありますが、据え置きタイプはボトルに残った分も次回使用できますから無駄がなく経済的です。

ヘアカラーで髪を染めるのは慣れていないとかなり大変です。後頭部など自分では見えない所に染料を上手く塗り付けるのにはある程度慣れが必要かもしれません。そこへいくと「泡=フォーム」なら、たれ落ちることもなく泡を置いていく感じで髪全体を染め上げることができます。

効果的にはヘアカラーと同じなので、ヘアカラーに慣れていない人はこの泡=フォームタイプの方が断然キレイに染め上げることができそうです。また据え置きタイプなら、好きな時に染めたい部分だけを染めることもできます。白髪の目立つ部分だけを手軽に染めたいと思う時にはとても便利です。

成分はヘアカラーと同じ化学染料

ただ、基本的には化学素材なので2液を混合するタイプの白髪染めヘアカラー同様のデメリットがあります。染料の形状が「泡=フォーム」なので扱いがしやすいというだけで、髪や頭皮に大きなダメージを与えてしまいますから、髪や地肌が弱い方には不向きです。

使用する際は、白髪染めヘヤカラーを使用する時同様に、パッチテストを行うことを忘れずに!