HOME >  白髪染め製品を徹底比較 >  天然素材の白髪染め

天然素材の白髪染め

このページでは、天然素材の白髪染めのメリット・デメリットや使用に向いている人などについて紹介します。

自然な染め上がりとトリートメント効果

天然素材の白髪染めのメリットは、髪や頭皮にあまり負担をかけないで染めることができる、自然な仕上がりになるということです。デメリットは、染める力があまり強くない色の持続性が化学染料ほど良くないということでしょう。ですから、髪がとても細い方や弱い方、肌が敏感で弱い方、頻繁に白髪染めをする方、自然な感じで染めたいと思っている方には特にお勧めの白髪染め方法です。

化学素材のヘアカラーは髪のメラニン色素を分解してしまうので、髪が非常に痛みます。髪が太くて丈夫な人でも、使用を続けていると髪質が変化してきます。それに対し、天然素材の白髪染めは髪の表面にコーティングするだけですから、メラニン色素を分解せず染め上げることができます。そのため、デメリットでも挙げたように、化学素材のものより染める力や持続力が弱かったりもしますが、その分とてもナチュラルな感じの染め上がりになります。

また、殆どの天然素材にはトリートメント効果があります。つまり、髪を紫外線などから守り、保湿し、ダメージを修復してくれる優れモノなのです!

天然素材の白髪染めにはどんな種類があるの?

天然素材の白髪染めには様々な種類のものがあります。最近注目度抜群のヘナをはじめ、各種ハーブ配合のモノ、クチナシウコンなどの植物色素配合のモノ、天然利尻昆布を配合しているモノなどが市販されています。

使用上の注意点としては、使用する前にはパッチテストを必ず行うことです。天然素材なので化学素材のものより断然安全性は高いのですが、植物アレルギーなどで肌に合わない場合もあります。

頭皮や髪に優しく、トリートメント効果もある天然素材の白髪染め。化学素材を使用して匂いや地肌のヒリヒリ感が気になる方は一度お試しになってみたらいかがでしょうか?