HOME >  白髪に関する豆知識 >  市販の白髪染めには要注意?

市販の白髪染めには要注意?

最近ドラッグストアなどでもよく見かける白髪染め。安いしいろんな色を気軽に試せるとあって人気です。でも、この市販の白髪染めを使ってさまざまなトラブルが起こることがあります。市販の白髪染めの注意点などをここでは検証してみましょう。

白髪染めは化学成分の宝庫

市販の白髪染めを使うと、強いにおいがするのはよく知られています。

これらの成分のほとんどは、パラフェニレンジアミンという化学成分なのを知らない人も多いでしょう。この成分が髪を染める働きをする物質で、含有量が多ければ多いほど少ない回数で強く染まることがわかっています。そのため、市販の白髪染めのうたい文句でもある「一回でしっかり染まる」という効果が生まれるのです。

しかし、このパラフェニレンジアミンは非常に強い刺激があり、その刺激によって髪や肌にかなりの負担がかかってしまい、ひどい場合は肌に炎症を起こしたり髪を傷めてしまうことがあるのです。

肌の弱い人やアレルギー体質などの人が使うと、このような症状が悪化するだけでなく、場合によっては嘔吐や呼吸困難、アナフィラキシーショックなどを起こしてしまうこともあるそうです。最悪の場合、死亡した例も。白髪染めは一度使い始めると、比較的リピートする人も多いようです。

使用の際には換気などにも十分に気を付けて、直接肌につかないようにするのも大切です。

また、使用する前に肌に少しつけて様子を見るパッチテストをすることで、アレルギーが起こらないかの確認をすることができます。

市販の白髪染めの選び方

一番重要なことは、自分の体質に合ったものを使うことです。しかし、これだけたくさんの種類がある中から、自分に合ったものを探すのはなかなか難しいかもしれません。

そこでお勧めしたいのは、あまりいろいろな種類やメーカーのものを使わず、いくつかの製品に統一することをお勧めします。

また肌の弱い人などは、できるだけ根元近くに液をつけないよう注意したり、顔や体に直接流れてこないようコールドクリームをしっかり塗ったり、シャワーキャップを活用するなどの対策をするといいでしょう。その場合、液だれしにくい泡タイプやクリームタイプもお勧めです。