HOME >  白髪に関する豆知識 >  【基礎知識】そもそもヘナとは?

【基礎知識】そもそもヘナとは?

白髪染めにヘナを選ぶ人は増えてきていますが、ヘナというものが実際どういうものなのかを知っている人は案外すくないかもしれません。そこで、ヘナについての基礎知識をご紹介します。

ヘナってどんなもの?

ヘナとは、もともと植物からできています。インドや中東などの赤道に近い熱帯に自生しているミソハギ科のシコウカという耳慣れない植物がその正体です。ヘナはこのシコウカを粉末にしたもので、最近市販されている白髪染めより髪や頭皮に優しいと人気が高まっています。

祭事や儀式などで身を飾る染料として使われてきたもので、クレオパトラの時代からあったとの話もあります。また、インドでは薬草としても使われ、インド人女性の額の赤い点もこのヘナを使っているということです。自然から生まれたものを使う昔からの知恵といえますね。

ヘナで髪が染まる理由

ヘナには、髪のタンパク質と結びつく性質を持つ色素が含まれています。これは、ローソニア色素というもので、面白いことにヘナの産地によってその含有量は違うそうです。その年の天候によっても含有量は左右されるそうですから、まさに天からの贈り物ですね。

実はこのローソニア色素は、髪のタンパク質であるケラチンと絡み合う性質を持っています、オレンジがかった色合いを持つローソニアがケラチンの繊維と絡み合うことによって、髪が染まるのです。市販されている化学製の染料は、化学的に髪の内部まで染めるので髪にかなりの負担をかけてしまうことになります。

そのため、髪に負担の少ないヘナの需要が急増しているのです。ヘナの染色効果は化学染料に比べるとそれほど強くありませんが、自然な色合いに染まりますので違和感なく使い続けられます。

ヘナの持つその他の効果

ヘナは、髪の色味を変えるだけでなくさまざまな効果をもっています。まず、トリートメント効果があります。ヘナがケラチンと絡みつくことで髪の表面をコーティングし、保水力を高めてくれます。そのため、使い続けることで髪を乾燥から守り、ハリやコシのある健康な髪へ導くことができます。また、紫外線からも守ることができるので、髪が傷みにくくなります。

そのほかにも、炎症を抑えたり新陳代謝を促すなど、頭皮にもよい効果をもたらします。インドで薬草として使われていることからも、その薬効は十分期待できます。頭皮が健康になることで、髪も健康に育ってくれるというわけです。