HOME >  ヘナ白髪染め実践講座 >  色持ちをよくするアフターケア

色持ちをよくするアフターケア

ここでは、染めた後に「染め」を長持ちさせる為のアフターケア方法について説明します。

ヘナで白髪染めのアフターケアはどうすればいい?

化学素材と違って天然素材であるヘナにはトリートメント効果があります。頭全体に塗ってキャップをかぶって放置するのは、まさに頭のパックさながらです。頭皮の毛穴に詰まっていた汚れも一緒に洗い流してくるので、スカルプケアもバッチリです。

しかし、さらにヘナのシャンプーやリンスなどで日々髪のお手入れをすれば、染めを長持ちさせたり、より一層髪や頭皮を元気にすることができるようになります。

●ヘナシャンプー
髪の色持ちを良くしてくれますし、頭皮や髪に潤いを与えてくれます。

●ヘナトリートメント
専用のヘナトリートメントを使用することで、さらに色持ちを良くし、頭皮や髪に潤いを与えてくれます。

●無色タイプのヘナ製品
髪は人によって伸び方が様々ですから、次回の染めのタイミングも人により様々です。まだ染め変えたくない時には、無色タイプのヘナ製品の使用がオススメです。一度髪を落ち着かせる意味でも、染めと染めの間のタイミングで無色タイプのヘナ製品を使用してケアするのが良いでしょう。特に、髪がパーマなどで痛んでいる時などには最適です。

●部分染めについて
全体に染めるにはまだ早いが、髪が伸びて根元のところだけ白髪が気になるなんてことがありますよね?ヘナだって部分染めOKです。
根元のところだけなのでパッチテストをする要領で粉も少量準備します。どうしても気になるところだけ染料を塗ります。放置時間や手順は全体染めと同様ですが、部分的に塗るだけなのでとても手軽にできますよ。